トップ / キャバ嬢がしたい同伴マナー

人気キャバ嬢には同伴必須

キャバ嬢がしたい同伴マナー

同伴でのマナーを紹介する

お客様から同伴出勤に誘われるようになった時、気を付けておきたい点がいくつかあります。

まず、同伴する時は「お店の外でお客様と会っている」という事を忘れてはいけません。お店がオープンする前のプライベートタイムを使って、誘ってくれているお客様を前にすると、ついつい自分も仕事モードでは無くなってしまいがちです。

オープンする前の時間に会うとはいえ、その後一緒にキャバクラに入店してもらうのがキャバ嬢としてのメリットですから、オフモードではなく仕事前という気持ちを持っておくほうが良いでしょう。

そのため、あまりに早い時間からお客様と時間を共にして、お店についてすぐに帰られてしまわないように気を付けておきます。お客様としては、少しでも長い時間を、お店以外の場所で一緒に過ごしたいと思うのは当たり前です。なので、待ち合わせの時間は、お客様に任せるのではなく、こちら側から決めて促すようにします。

誘ってくれたお客様が、ご飯をごちそうしてくれるのは同伴の楽しみの一つです。高級ホテルのレストランや料亭を予約してくれるようなVIPもいます。普段は絶対に自分で予約していくことが出来ないようなセレブな場所で、お客様と二人で時間を過ごすことになりますが、ここで中途半端に遠慮をしてお金の心配をしているそぶりは必要ありません。

相手は、あなたのためにその場所を準備してくれるのですから、男っぷりを上げて差し上げるくらいの気持ちで甘えてOKです。ただ、「ごちそうさまでした」と笑顔でお礼を言うことは、最低限しておくべきマナーでしょう。ごちそうになって当然という態度もマナー違反です。

また、初めて同伴出勤する時は、個室居酒屋やカラオケなど、密室に近いシチュエーションは絶対に避けましょう。勤務する店ならばホストや他の店員もいますが、店の外で会う場合は、「万が一の時は自分の身を自分で守らねばならない」という事です。

助けを呼んでもすぐに誰かが来てくれるとは限りません。お客様に誤解をさせない為にも、極力二人っきりにならないように注意しておきましょう。