トップ / 同伴後のキャバ嬢は店でどうする

人気キャバ嬢には同伴必須

同伴後のキャバ嬢は店でどうする

キャバ嬢の人気に関わる同伴後

同伴出勤で入店してくれるお客様は、キャバ嬢にとっても店側にとってもとてもありがたい存在です。キャバクラの店の雰囲気からして、オープン直後の早い時間帯にはお客様はほとんど来ません。

ただ、同伴出勤をすれば、食事を終えてそのままキャバ嬢と一緒にお客様が入店してくれます。お客様も、いつも指名するキャバ嬢と、他の指名を気にせずにゆっくりと時間を過ごすことができる同伴後は満足度が高まります。

同伴後に席に着いたら、「同伴出勤ラッキー!」と気を緩めてしまうのはよくありません。大切なのはむしろ、入店されてからです。お店のなかでも接客をもうひと頑張りして自分アピールをしておきましょう。

まず、同伴をしてくれたお客様に、お礼の言葉を伝えて感謝を表しましょう。その後は、同伴した日を振り返って会話を弾ませて、「一緒に食事をしたことがこんなに嬉しかったんだ」とお客様に思ってもらう事が、次の同伴や指名につながります。

指名をしてくれないフリーのお客様を相手する、またヘルプに呼ばれることもあるでしょう。そのような時も、ちょっとしたしぐさや言葉遣いには気を付けておかなければいけません。

自分の指名客じゃないからと、あからさまに機嫌を悪くする・笑顔がない・話したがらない、というような態度を取っていると、接客しているお相手だけではなく他のお客様の目にもつきます。いつ呼ばれてもスタンバイOKの状態を常に心がけておくことは、キャバ嬢として成功するために最も大切なこと。お酒やフルーツを入れてくれたり、ボトルからお酒を頂く時も感謝を忘れずに。

中にはキャバ嬢と一線を越えられるかもしれないと期待している人もいるかもしれません。ほとんどのお客様は、きれいな女性と近い距離でイチャイチャする、非日常を求めてやってきます。美意識を高く持って、キレイを心がけてお相手すれば、指名やお酒という形で返してくれるでしょう。

そして、露出もある女性らしいキャバ嬢を落とせそうだけど落とせない・・・。分かってはいるけれどこの駆け引きを楽しむのも男性にとってはキャバクラの良さなのです。